スポーツジムに入会した後、一緒に飯を食べに行きました。飯というか普通に飲みでしたが。一人加わって三人で、三軒も梯子して八時間くらい飲んでいたようです。ちなみに全ての店で先輩が奢ってくれました。ご馳走様でした。

当然終電はとっくに過ぎていたので、また先週と同じパターン(というか五月からずっとこのパターンが続いています)でまた先輩ん家にお邪魔して、だらだらと過ごしていました。

それにしても昨晩は、二十年生きてきた中で最も恐ろしい夜だったかもしれません。何が怖いって、明け方にふと目を開けて振り返ったら目の前に先輩の尻が広がっているという……一瞬悪夢か酔って幻覚を見たのかと思ってしまいましたが、また見てもやはり尻が……というよりもう、何も着ていませんでした。全裸でした。

怖くなって反対側向いて壁に(尻から反対側)に寄って寝ていたのですが、寝ている間にも近づいてきたのか、背中辺りを触られている感触があって落ち着いて寝られ……って、十分爆睡してましたが。

結局(当たり前ですが)何事もありませんでしたが、起きてから聞いた話では、下着脱ぐ前に寝言で自分の名前を読んでいたとかなんとか……((((((;゜Д゜))))))