こんなメールは嫌だ

最初に何か適当な内容(なんでもいい)のメールが来る。その後しばらくして、 Subject が以前のメールと同一で、末尾に「再送」と付いているものが届く。メーリングリスト宛てのものなので、誰か他のメンバに不着があったのかと思いつつも暇だからと一応中身を確認すると、前回のメールとほぼ同一の内容に見えるものの、一部分だけ微妙に違いがあったりする。そういったメールが、よく届く。その人は以前送ったメールの補足事項を追記したものを「再送」と銘打って出してくるのだ。

「再送」なんてあったら普通はメールを送ったのに届かなかった人向けに、もう一度全く同じ内容のメールを出したのだと思って読まない人もいるでしょう。題名の付け方には気をつけてほしいものです。これ以後、その人の「再送」と書かれたメールは全て前回のメールと比較し、新しい情報を見逃さないよう気をつけていますが、たまに本当に「再送」メール(内容が全く同じ)が届いたりするので性質が悪いです。

こういう場合、単に補足事項だけを書いたメールを新規に出せば済む話で、わざわざ前回のメールを全文コピー & ペーストした上で部分的に編集加えて「再送」などと言って送ってくる理由なんて何処にも存在しないと思うのですが、この方が読み手にとって解りやすいと思っているのでしょうか。書き手からしても面倒なだけだと思うんですが……。これは、下手したら全文引用より性質が悪いのではないかと思う。

いい加減嫌になってきたので次来たら突っ込もうかと考え中。