社内メーリングリストをもう少し有効活用したらいいんじゃないか

社員同士の連絡用に、社内にメーリングリスト (以降ML) があるわけですが、現在は営業からの全体連絡にしか使用されておらず、しかも Replay-To ヘッダが変更されていて、 ML 宛てのメールに返信すると個人宛てになるというもはや ML ですらない状態になっているわけですが、せっかくあるのだからもう少し ML っぽい使い方をしたらいいんじゃないかと思いました。たとえば、技術的な話とか、ほかの人とするのは結構有益だと思うんですよ。

先日の面談のときに勉強会についても聞いてみたのですが、どうも営業の方では忘れ去っていたようで、もうやる気がないらしいので (だったら提案なんかするなよ……) 直接社員で集まって技術的な話をするのは、少なくとも自分らで提案してやらない限り実現しないだろうし、提案したところでそうそう人が集まるとも思えませんが、メールであればもう少し気軽にそういう話もできるのではないかと思うのです。

ということで、機会があれば何か投げてみようかとも思うんですが、どうなんでしょうね。誰からも反応無いと落ち込むだろうし、実際そうなりそうな気もして……。ほかにやる気のある人がいれば面白そうなんですが。出る杭は打たれるなんて言われてしまったし、こういう真似も逆に反感買ったりするのかなあ。