Time, URI

文字列を Time オブジェクトに変換する

t = Time.parse("...") でいいらしい。先に RNet の実装を見たりして、 TMail を使うとか色々面倒なことをしないといけないのかと思ってしまいました。

時間の比較は Time オブジェクトを使うと比較演算子でできるようなのでとても便利です。

URI を分割する

split メソッドを使って任意の添え字を引っ張ってくるか、 parse メソッドの戻り値として返ってくるオブジェクトのメンバを参照すると分割後の文字列が取得できる。