apt-get などで proxy を経由させる

久々に coLinux を触っています。 apt-get を使おうと思ったら、常駐先では用意されているプロキシを通さないと外部のページにアクセスできないため素の状態では apt-get が利用できないという罠に遭遇してしまいました。調べたところ、 /root/.bashrc にプロキシの設定を書けば良きに計らってくれるようです。

/root/.bashrcに
export http_proxy=http://proxy.tcnet.ne.jp:8080/
export ftp_proxy=http://proxy.tcnet.ne.jp:8080/

上記の通り設定したところ、無事開通しました。

ということで、早速 emacsssh をインストールし、ついでに coLinux 自体を Windows のサービスに登録して putty からいつでもアクセスできるようにしてみました。