終わりのクロニクル完結

昨日買ったもの。終わりのクロニクルを一気読みしていたので一日遅れです。昨日の間に読み終わるかと思ったのですが、集中力がそれほど持たないようで。

ライトノベルで 1000 ページ超。なぜ上下巻にしなかったのでしょう。これだけの厚さの本を読むのは久しぶり (というか京極夏彦の本くらいか……) だったので読み応えはありました。

読む度思いますが、この人の本はどんどん過激になっていきますね。内容 (描写) もイラストも。近年の映画はバトルロワイヤル程度でも 15 禁になったり、またゲームではネギま! 辺りが 18 禁 (18 推?) になるくらいなのに、なぜこの本は平気で全年齢版 (?) なのでしょう。 PTA とか喜んで騒ぎそうですけれどね。

その他買ったもの。 Joel on Software は見つかりませんでした。代わりではありませんが、ドラマ CD に釣られて G ファンタジーを買ってしまいました。やっぱり図書券買っておくべきだったかな……。

そういえば、コミケのカタログが普通に売っていましたが、それなりに大きな本屋には普通に置いてあるんですね。