WinSock2 プログラミング のサンプルが怪しげ

WinSock2 のお勉強。以前購入した WinSock2プログラミング―Windows Sockets APIによるネットワークプログラミングのすべて (会社に持ってきた) が役に立ってくれています。

で、この本のサンプルプログラムは http://www.winsock2.org/ で配布されているのですが、ここのサンプルプログラムがちょっと怪しげ。 new で確保した配列を delete していなかったり、また delete するときも、配列なのに delete[] を使用していなかったり。参考にはなりますが、コピペして使うようなことはしない方が良いでしょう。本の内容自体は、通常のソケット関連の関数に加え、 WinSock API の独自の関数についても網羅的に紹介、説明されていて、中々良いのではないかと思うので、ちょっと残念。