ねむい

眠くって仕方が無いのでクッションにもたれかかってうとうとしていたら、そのままお昼を過ぎてしまって絶望する夢を見た。未だに遅刻と言うのには恐怖を感じます。でもその夢のオチは「なんだ今日は土曜日だったよよかった」的なもので、いつから自分はこんなに自分に甘くなったんだろうと少し残念に思いました。

目を開けたらまだ 6 時過ぎで、わかっていたものの少しだけ安心した。