容疑者xの献身

容疑者Xの献身

買ったのは数ヶ月前だったと思いますが、昨日やっと手に取ってみたら面白くてそのまま一気に最後まで読んでしまいました。おかげで昼夜逆転してしまいました。

ミステリとして伏線も丁寧に張られているのですが、それが結構目について途中でトリックは解ってしまいましたが、それでも読み応えは十分ありました。ミステリは久々に読みましたが、やっぱりいいものですね。

純愛ミステリと言うだけあって、恋愛小説風でもありますが、主人公の行動にはどうしても納得ができないので、最後まで読んでもいまひとつ感動とか衝撃とかはありませんでした。最後の娘さんの行動もよくわからないし、あれは余計だったかも(彼女は真実知らないのですよね)。あのラストシーンを向かえるためのきっかけとして必要だったのかもしれないけれど……。

今回探偵役となっている湯川助教授は他の作品にも登場するみたいなので、他の作品にも手を出してみようかな。加賀刑事のは結構読んでるんですが。いま出てる最新刊は加賀刑事もの(?)らしいから、そっち先にしようかな?