読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い指

ということで(?)早速買ってきて早速読了。

赤い指

やたら重たい話。老人介護と少年犯罪がテーマになってますが、前者の方は中学生の頃は実家で祖母を介護していたこともあったので、少なからず気持ちがわからないこともないのだけど、さすがにこれは遣る瀬ないなあ。途中までは読んでいてあまり気分のいいものではなかったです。

倒叙もので複数の登場人物の視点を切り替えて話が展開する前作の容疑者xの献身と同じ構成になってますが、容疑者-の方がミステリっぽい? 加賀刑事の推理は素晴らしかったですが。

読後感は良いので、前作よりは勧めやすい……のかなあ。微妙だ。