Subversionは楽しいね:-)

今週頭は自分の仕事に専念できるよう上司が取りはからってくれたのでゆるゆるコーディング。

本当は夏休み前から取りかかっているはずの次バージョンのデバッグにもやっと取りかかれた。と同時に、次々バージョンの開発も同時に開始。こうやって後にしわ寄せが……。

しかしその原因となっている某プロジェクトのために次々バージョンのスケジュールはゆるくしてもらっているので、こっちはかなり楽勝っぽい。あとは次バージョンの方のバグ次第、っていうかテストすらこれからだから、これが一番大変そうだ。

遅まきながら Subversion でブランチを切って管理する方法を学んだので、今回からこれで管理してみています。ずいぶん前から使ってはいたけど、ブランチの概念とか最近まで知らなかったのです。

次バージョンでのバグを直したら、次々バージョンにマージするのを半分自動でやってしまおうという目論み(ややこしい)ですが、いまのところうまく動いていて気持ちがいいです。まあ、自分しか使ってないので他のプロジェクトではできないんですけど。

地味に啓蒙はしてみていて、上司は興味持ってるみたいなので自分のプロジェクトにはいずれちゃんと導入してみたいな(いまはローカルで地味に使っている)。開発者自分だけなんだし、敷居は一番低いはず。これでうまくいけば広ま……るかどうかは知らない。