Visual Studioのデバッグ機能(Edit and Continue)

これはすごい。

デバッガからアプリを実行している時に未処理の例外が発生するとデバッガは例外が送出されたところで停止するけれど、その時点で例外が発生する原因のコードが近くにあれば、そこを修正してから少し巻き戻して再実行すればそのまま通るようになる。多少大きなアプリだと、一旦アプリ終了させてからコード修正して、再起動してからまたその例外が発生するところまで操作するのが面倒な事がままあるけれど、これなら再起動要らずでとても楽だ。

あと、巻き戻しは同じメソッド内でしかできないけれど、ブレーク中のコードの書き換えは好きなところを書き換えられるらしい。なのでアプリを起動中にコードの書き換えをしたくなったら適当なところでブレークしてコード書き換えてから再開すれば、どんどん開発できる。

3ヶ月くらい使っていたけど全然知らなかった。昨日のエントリを見なければ知らないまま満足していただろうし、非常にもったいないことをするところだった。他にも便利な機能はたくさんあるしちゃんと習得しておいた方が良さそうだなあ。