Visual Studio のトレースポイント

デバッガでブレークかけるときに、メニューにブレークポイントともうひとつ「トレースポイント」というのがありました。これはなんだろうとヘルプを見ると、VS2005で追加された新機能だそうです。

ブレークポイントとは違い、トレースポイントはソースの指定した箇所を処理が通っても停止はせず、代わりに指定したメッセージを表示してくれるとのこと。

これを使えばわざわざソースに Trace.WriteLine (.NET2.0では (new TraceSource("")).TraceEvent かな) などを追加する必要が無くなります。デバッグ中に設定することもできる(コンパイルする必要がない)ので手軽に挿入できるし、地味に便利な機能ですね。

あとメッセージを表示するだけではなく、マクロの実行も同時に行えるようです。しかしマクロはまだ使用したことが無いので、どういったメリットが得られるのかはわかりません。というかマクロってソース編集中とかに使えば便利だと思うんですが、デバッグ中に動かして嬉しいことってあるんでしょうか? ASPならトレースポイント通過したらメール出す、とか使えるのかな……。