Visual Studio のイミディエイト ウィンドウ

Visual Studio使ってデバッグしている時に「イミディエイト ウィンドウ」というウィンドウが表示されていて、これなんだろうと思ってんたんですが、なんというかインタプリタみたいなものなんですね。

デバッグ中にブレークポイントを仕掛けて止めている時に、このウィンドウの中で好きなソースを書いて実行することができるようになっています。ブレークが掛かっているソースのスコープ内の変数の値を見たり、イミディエイト ウィンドウ内で変数を宣言したりすることもできるようです。

変数の値を覗くだけならクイックウォッチでも十分ですが、その値に係数掛けたらどうなるのか、とか確認したい時はクイックウォッチで式を書いて評価するより、イミディエイト ウィンドウの方が見通しがよく、また変数を宣言できるので使いまわしもできて便利っぽいです。ついでに値を変更することもできるみたいなので、そのまま実際のアプリの動きを制御したりもできる模様(これはまだ試していない)。

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/f177hahy(VS.80).aspx

まだまだ使いこなせるようになるまで時間がかかりそうです。