パイプで遊ぶ

Pipeline operatorを見て、ただ関数呼び出しの変形をしているだけで何が嬉しいのだろうと思っていた頃が私にもありました(AA略)。

関数呼び出しが何重にもなっているとありがたさが実感できる気がします。

let H dummy = printf "H"
let e dummy = printf "e"
let l dummy = printf "l"
let o dummy = printf "o"
let w dummy = printf "w"
let r dummy = printf "r"
let d dummy = printf "d"
let space dummy = printf " ";

do d(r(l(o(w(space(o(l(l(e(H())))))))))) |> ignore

do printf "\r\n"

do H() |> e |> l |> l |> o |> space |> w |> o |> l |> r |> d |> ignore

ほうら、パイプ使ったほうが見やすいでしょ!