この空のまもり

Kindle(for Android)で読みました。

この空のまもり (ハヤカワ文庫JA)

この空のまもり (ハヤカワ文庫JA)

また戦争ものかなと思って読んだら現実でのドンパチはなく、セカイカメラみたいなものが一般に普及して、現実にある物や人に対してタグが付けられるようになったけど、悪性タグと呼ばれるまあ誹謗中傷みたいなコメントがあちこちにあるのを消していこうぜ、というところから始まる話。割と近い将来こうなるかもしれない、というのを結構わかりやすく書いていて想像しやすかった。主人公のチート性能は……まぁ突っ込むところでもないか。

マージナルオペレーションと同じ世界なんですね。というか、芝村さんの作品はすべて同一世界なのですけど。知っている名前が出てくるとおや? となれるので、マージナルオペレーションを先に読んでおくと良いかも(小ネタなので読んでないといけない要素は無いです)。

マジオペもまだ2巻読んでいないので、近いうちに読みたいところ。こちらも電子化されないかなあ。