読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリムゾンの迷宮

ということで、期待していたんですが割と淡泊でさっくり終わってしまった感じ。期待が大きすぎたかも。レビューでの評判が良かったので期待値をあげすぎましたかね。

この手の本ってジャンルなりカテゴリなり、名前付いていたりするんでしょうか。他にもあれば読んでみたいなあ。

貴志祐介さんの本は悪の経典→新世界より→クリムゾンの迷宮と読んでいるけれど、以前の本も評判良いものが多いので遡って読んでみたいですね。電子化されてるものも多いし。あと、新世界よりゼロ年の単行本化も待ち遠しいです。