電王戦

朝日新聞デジタル:将棋プロ棋士、コンピューターに初黒星 電王戦第2局 - カルチャー

結果は残念でしたが、良い勝負だったと思います。中盤は人間優勢で進んでいましたが、終盤で逆転という感じのようでした。1手間違えるだけで一気に形勢が変わってしまう将棋での終盤は本当に難しいですね。人間同士の終盤だとお互い間違え合って、ということもありますが、コンピュータは的確に咎めてくるようですし。今回はソフト側にも一見悪手のような手もあったようで、ちょっと人間っぽいところもあるのかもしれませんが。

プログラマをやっているけど終始人間側を応援しているので、投了から少し気分が落ち込んでしまったり(中継の空気もあったと思いますが)していましたが、この結果を前向きに受け止めて将棋界の発展に繋がっていくと良いなあと思います。

タイトル戦では番勝負が長く続くほど観戦している側には楽しみが増えるもので、1勝1敗で次に、というのは良い展開なのですが、電王戦でもそういう風に感じられるように今後なっていけばいいですね。今後対ソフトも同じ組み合わせで番勝負をするとか、持ち時間などの条件を変えてやってみるとか、色々やってみてほしいです。