読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その可能性はもう考えた

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

探偵が不可能犯罪を肯定し、敵役がそれを否定しようと探偵にトリックを色々ぶつける話。真相を明らかにしようとする過程で色んな推理が出てくる話はよくあるけど、探偵が不可能犯罪(本作では奇跡と呼んでいる)を肯定しようとするって作りが新鮮な感じで面白かった。読むのは楽しいけど、こういうの考えたり書くのはすごく大変そう。

ちょっと描写がくどいところがあったり、ワトソン役のキャラが最初すごい人みたいな感じで出てきて途中でも持ち上げられるけど抜けたところばかり見せていてなんかバランス悪かったりとか気になる箇所はあったけど、まぁ十分読みやすかったかな。ラノベっぽいなーと思ったらメフィスト賞取った人らしく、確かにそれっぽいかもなと(?)。

続編もあるみたいだけどまだKindle版が出ていないので、出たら買って読もうかと思います。