読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルシウム・リン積(Ca・P)

血液中のカルシウムとリンの値を掛けたもので、これが55~60を超えると石灰化など問題が起きやすいようです。それぞれ、特にリン単体でも高いと良くないとされていますが、こういう見方もあるんですね。

f:id:wata_d:20170206153158p:plain

ここ最近の数字はこんな感じ(単位はmg/dL)。カルシウムの値はあまり変わらないので、結局リンが上がるとダメということで、気をつけるところは変わらないですね。