魔法科高校の劣等生にハマった

魔法科高校の劣等生(23) 孤立編 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(23) 孤立編 (電撃文庫)

元々Web版が公開されていた頃に公開されている分は全部読んでいたのだけど、電撃文庫で刊行されるようになってから読んでいなかった(特に理由は無い)のを、劇場版を見たついでにまた読み始めた。1年生の部は全部読んでいたと思うけど、思い出すのかねて横浜騒乱編辺りから。

やっぱり面白いなーとサクサク読み進め、あっという間に最新刊に。これ、紙の本が出てからKindle版が出るまでに2ヶ月、BOOK WALKERでも1ヶ月間が開くらしい。21巻を読み終えた時点でまだ22巻がKindleで出ていなかったのでそれまでKindleで読んでいたのにBOOK WALKER版を買ってしまう。

それを読み終えたところですぐ23巻が出たんだけど、1ヶ月も待ちたくないわーということで今度は紙で購入。別に紙の本は嫌いではないというか好きなんだけど、場所取るしすぐどこか行ってしまう(ちゃんと管理しろ)ので電子版の方が便利なんだよね…。でももうプラットフォームばらけてしまったし、今更か。

3年生になってからシリアス成分多めでいいんだけど、あらすじが一番シリアスで本編はそこまででもないというのが最新刊でもある感じ。いよいよ今度こそ本当のピーンチ、みたいな感じだけど伏線回収始まればむしろイケイケな展開になるのだろうし、どのような幕引きになるのか楽しみに続きを追いかけたいですね。